金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

トップページ | 新着情報 | 注目記事
 

資産運用〜定期預金(2)


資産運用実践講座I 投資理論と運用計画編

資産運用実践講座I 投資理論と運用計画編

  • 作者: 山崎 元
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



資産運用を真剣に考えなくてはならないとわかっていても、資産運用に回せるだけのお金がない。
となると、まずは徹底して貯蓄に専念することしかないですよね。
きちんとお金を貯める癖がついている人は貯金自体難しくないでしょうが、今貯金がそんなにない人というのは突然お金のやりくりが上手になるということは考えにくいです。
そこで普通にタンス預金をするのでは絶対に誘惑に負けて使ってしまう、または少しでも金融機関に預けたほうが金利がつきますのでそのほうが良いと考えている方は定期預金から始めてみてはいかがでしょうか?今はインターネットが普及していますが、インターネットを利用する家庭も増えていますし、金融機関でも「インターネットバンキング」といった、いつでもインターネットを通じて残高の確認や振込みなどができるシステムを設けてあります。
インターネットバンキングのメリットはいくつかあります。
まずは銀行に足を運ばなくても良い。
自宅からいつでも確認ができる。
そして金利が他の銀行よりも少し高めのところもあります。
便利で金利が他より高い。

となると、インターネットバンキングを利用すればお得ということですし、微々たるものですが、資産運用に回すための資金繰りに対しての近道とも考えることができますよね。
定期預金は簡単にすぐ引き出せるものではありません。
ですので、誘惑に負けて結局引き出して残高がない、なんてことにならなくて済むのです。

posted by 資産運用 記録の細道 at 08:14 | Comment(0) | 資産運用〜定期預金(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。