金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

トップページ | 新着情報 | 注目記事
 

資産運用と投資信託


ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方 (アスカビジネス)

ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方 (アスカビジネス)

  • 作者: 中桐 啓貴
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング
  • 発売日: 2008/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


資産運用と投資信託の関係について少し話しをしてみます。
資産運用の中で投資信託がありますが、投資信託ってなんだろう?と聞いたことはあるけれど、資産運用とどう関係があるのかなど、わかりにくいですよね。
投資信託とはいわゆる金融商品でありますが、世の中にはたくさんの投資家がいます。
その投資家の方たちから集めたお金があります。
M2Jのデモ取引サイトに会員登録

投資信託はそのお金をまとめて運用の専門家が国内や海外の株式に投資をします。
当然ながら利益が上がれば分配されますので運用の専門家にかかってくるということですし、投資をする人たちは運用のプロを信じて投資するということなのである種の信頼関係の中で行われるシステムなのでしょうね。
投資信託はたくさんの人からお金を集めるというやりかたですので、個人で行う株などと比べて少ない資金でできるというのが嬉しいメリットのようです。
少ない資金といっても何十万単位ではなく、一万円くらいから参加ができるそうです。
一万円でしたら働いていればそれくらいのお金は自由に使えますし、自由に使うのであれば投資信託に回してもいいと思える位の金額といえるでしょう。
投資先の選択はもちろん専門家が行うのでそこも安心の材料となりますし、安全性が高いといわれていますので、油断はできませんが初心者の方で低資金の方にとっては好都合だと思います。
これがわかってくれば他の運用方法も知りたくなることでしょうし、利益が分配されれば投資に対しての楽しさというのも出てくることでしょう。
トレジャーネット【そしあす証券】
【不況を乗り切る資産運用の最新記事】
posted by 資産運用 記録の細道 at 11:07 | Comment(0) | 不況を乗り切る資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。